UQ WiMAX

本家UQWiMAXをさくっとおさらい!お得に申込めるキャンペーン情報も!

投稿日:

WiMAX系のイメージキャラクターと言えば、ガチャピンとムック。ですがUQWiMAX 2+サービスを検討されている皆さまが気になるのは、料金電波のつながりやすさが大半を占めているかと思います。

「人気キャラクターに宣伝費を投じるならば新規・既存のお客にメリットあるサービスを提供してほしい」というのはもっともなお話で、WiMAX 2+の契約をするにあたりUQWiMAXがお得なのかほかの会社のキャンペーンのほうが優秀なのか、公式サイトでは小さな文字で書かれているがゆえに読みづらくなってしまっています。

そこで私が独自にまとめ、他社のWiMAX 2+サービスとも比較した料金や口コミ、おすすめのポイントなど、UQWiMAXのお悩みをズバッと解決です。

UQWiMAXの特徴と基本

UQWiMAX UQコミュニケーションズ

UQWiMAXはUQコミュニケーションズという企業が展開しているサービスで、主要株主にはKDDI株式会社も含まれています。

そのためUQWiMAXでは、UQWiMAX独自にアンテナを立て飛ばしている電波のほかにauの4G LTEの電波も利用し、より広いサービスエリアを確保するよう努めています。

とくにWiMAX 2+になる前からWiMAXの電波は地下に弱く、地下鉄駅はもちろん、地下道でもつながりにくいという特徴を持っていました。

ですがauの4G LTEの電波を借りることによりその欠点を克服し、地下エリアでもつながりやすいよう改善がなされているのです。

au 4G LTE利用のデメリット

auの4G LTEを利用することにより、より広いサービスエリアをUQWiMAXのWiMAX 2+で利用することができるようになったのですが、これはすべてのユーザーが無条件で利用できるものではないのです。

「WiMAX 2+を契約したのだから使えるのでは?」と思われるかもしれませんが、実際にはLTEオプション料が必要になっています。

LTEオプションは月額1,005円(税抜き)が必要で、ハイスピードプラスエリアモードを設定した月に日割り計算なしで請求がなされる仕組みです。

UQWiMAX ハイスピードプラスエリアモード

対象機種でハイスピードプラスエリアモードへ切り替えをしなければ、標準モードであるハイスピードモードが選択されるのですが、ひとたびau 4G LTEをオンにしてしまうと、その月はLTEオプション料として月額1,005円(税抜き)が適用されてしまうのです。

また月間通信量の上限がないUQ Flatツープラス ギガ放題に加入していたとしても、LTEオプションを利用した場合には、3日間で10GBではなく、月間7GB制限が課されます。

速度制限をもっと詳しく

もし7GBを超える通信を行ってしまうと、WiMAX 2+のエリアに戻っても通信速度制限は解除されず、UQ Flatツープラス ギガ放題のメリットがなくなってしまうということです。

ほかにもあとでメリットで解説する部分でもあるのですが、実はLTEオプション料を無料にすることも可能です。

ただし条件が厳しく、3年以上の縛りが必要となるため、中途解約することになってしまうと最大19,000円、安くても9,500円の契約解除料が必要となってしまいます。

契約解除料をもっと詳しく

LTEオプション料の割引対象とならないプランでも同じく契約解除料が必要なのは同じですが、縛りの期間が2年であるため、より早く更新月を迎えることができます。

デメリット

  • au 4G LTEオプションの使用料は月額1,005円(税抜き)が必要。
  • 月間7GBを超える通信を行うと、UQ Flatツープラス ギガ放題でも通信速度制限が発生する。
  • LTEオプション料を無料にもできるが、長期の3年以上縛りが必須となり、中途解約時に最大19,000円の契約解除料が取られる。

au 4G LTE利用のメリット

au 4G LTEを利用すると得られるメリットとしては、兎にも角にも利用できるシーンが大きく広がります

とくに地下やビルの谷間、家の奥など、WiMAX 2+の電波が届きにくいもしくは届いていないエリアでも、auの電波を使っているため電波がより安定し、auのスマホと同じ人口カバー率は99%を超えるエリアで利用が可能になっています。

人口カバー率とは

市区町村の役場付近で圏内であれば、同市区町村は圏内とみなされます。ただしUQWiMAXを含めた新規の事業者は、小さな出張所まで含め、たとえ1か所でも利用できない場所があると圏外とみなされます。

そのため人口カバー率が100%であったとしても、日本全土どこに行っても使えるわけではありません。

WiMAX 2+の電波は地下や家の奥に弱いため、利用方法によってはau 4G LTEが活躍するシーンも多いはず。

とくに自宅に固定回線を引かずにインターネットをされる方は、より安定し高速な通信ができるようになります。

そしてau 4G LTEの利用ネックとなっていたLTEオプション料は、3年以上の継続プランを選択することにより、無料で利用することができるようになっています。

公式サイトでLTEオプション料を確認

これはデメリットでも解説した部分なのですが、LTEオプション料の月額1,005円(税抜き)が無料になる代わりに3年縛り以上が強制されますが、長期間利用するつもりなのであれば仮に何らかの事情で中途解約することになってしまってもLTEオプション料の割引額が契約解除料を上回るというメリット付きです。

もちろん長期間の利用をするか不明であれば2年契約のプランを選択することも可能ですが、WiMAX 2+中途契約時に契約解除料が必要なことに変わりはなく、何よりLTEオプション料が別途必要になってしまいます。

これだけだとエリア以外で利用するメリットが薄い気がするかもしれませんが、実は「WiMAX 2+よりも通信速度が速い」という特徴を持っています。

WiMAX 2+では下り最大440Mbpsのエリアを提供しているのですが、auのエリアを借りているau 4G LTEオプションを使えば、下り最大958Mbpsのエリアを利用できるのです。

現在はまだ下り最大958Mbpsに対応したモバイルルーター・ホームルーターは販売されておらず、Speed Wi-Fi NEXT W05が対応している下り最大758MbpsがUQWiMAXから販売されているものの中で最速です。

公式サイトでSpeed Wi-Fi NEXT W05をチェック

しかし今後のファームウェアアップデートや新機種の発売で、下り最大958Mbpsの恩恵を受けられる機種が販売されると予測されます。

メリット

  • auのスマホと同じエリアが使える。
  • 電波がより安定する。
  • 通信速度が下り最大440Mbpsから下り最大958Mbps現在対応機種は最大758Mbps)まで速くなる。
  • 長期間の縛りにはなるがLTEオプション料を無料にし、契約解除料が発生してもお得に使える。

とくに電波の安定性に難があると言われることもあるWiMAX 2+ですが、au 4G LTEオプションを使うことで、入り組んだ建物の多い都市部や家の奥でも、より安定した電波を受信し、通信を続けることができるというのは大きなメリットと言えます。

UQWiMAX公式サイトをチェック

データプラン一覧

UQWiMAXのデータプランには、現在5種類存在しています。

UQWiMAX料金表(税抜き表記)
UQ Flatツープラス ギガ放題(2年) UQ Flatツープラス ギガ放題(3年) UQ Flatツープラス(2年) UQ Flatツープラス(3年) UQ Flatツープラス(4年)
月額料金 4,380円 3,696円
月間通信量 上限なし 7GB

7GB

特定条件を満たせば上限なし

契約年数 2年 3年 2年 3年 4年
LTEオプション料 1,005円 無料 1,005円 無料 無料

縛りが短く毎月の通信量に制限がない代わりに月額料金が高めに設定されているUQ Flatツープラス ギガ放題(2年)や、いま人気があるLTEオプション料が無料で月々の支払額が抑えられている代わりにギガ放題とは違い7GBの制限があるUQ Flatツープラス(3年)など、UQWiMAXで用意されているプランは5種類です。

UQWiMAXの料金をもっと詳しく

おすすめのデータプラン

UQWiMAX中でもおすすめのデータプランは用途や契約を続ける予定の期間にもよりますが、UQ Flatツープラス ギガ放題(2年)UQ Flatツープラス(3年)がおすすめ。

5種類あるデータプランそれぞれに特徴がありますが、この2つのプランがUQWiMAXの中でも人気があり、使いやすいプランになっています。

UQ Flatツープラス ギガ放題(2年)

UQ Flatツープラス ギガ放題(2年)は月額料金がUQWiMAXの中でももっとも高い4,380円(税抜き)ですが、魅力的なのが月々の通信量が実質的に無制限であることです。

直近3日間で10GB以上の通信を行うと、翌日18時~翌々日午前2時の混雑時間帯に速度制限が実施されます。

直近3日間とは、連続3日間と言い換えられます。連続3日間の合計で10GB以上の通信が行われなければ、速度制限が発生しないという特徴を持つのがUQ Flatツープラス ギガ放題(2年)です。

もちろんUQ Flatツープラス ギガ放題(3年)でも同じことが言えますが、3年縛りになってしまうことや、LTEオプションを使うとその月は7GBの制限になってしまうデメリットもあることから、UQWiMAXでギガ放題を堪能するならば2年縛りのUQ Flatツープラス ギガ放題(2年)を選択すべきなのです。

ご契約はこちら

UQ Flatツープラス(3年)

UQ Flatツープラス(3年)は割引率も高く3,696円(税抜き)になっており、au 4G LTEのオプション料も無料で利用することができる、バランスのいいプランです。

ギガ放題と大きく違うのが月々のデータ通信量が7GBまでと制限されていることですが、LTEオプションを使うことを前提としていればギガ放題でも同様に7GBの制限となるため、料金の安いUQ Flatツープラス(3年)を契約したほうがお得と言えます。

モバイルルーターやホームルーターでも、月に7GBも通信できれば十分という方やLTEオプションを最初から使う予定の方、また月々の出費を少しでも抑えたい方は、UQ Flatツープラス(3年)がおすすめです。

ご契約はこちら

おすすめポイント

契約後に「WiMAX 2+もau 4G LTEも電波が悪い」と気づいて解約するとなると大変です。更新月以外の解約には契約解除料が必要、ここが肝心。

そこで契約前に活用いただきたいのが、WiMAX 2+とau 4G LTEの電波状況を15日間お試しすることができるTry WiMAXというサービスです。

UQWiMAX TryWiMAX WiMAX 2+ au 4G LTE

Try WiMAXではUQWiMAXからモバイルルーターやホームルーターを借り、無料で15日間WiMAX/WiMAX 2+/au 4G LTEのエリアの通信状況を確認することができます。

Try WiMAXを公式サイトで確認

レンタル期間中はいくら通信しても請求はなく、存分に通信状況を確認することができます。本当に無料のサービスなので、UQWiMAXの経営圧迫しないのか心配するほどです。

ただ申し込みできる方に簡単な条件があり、日本在住の20歳以上、過去180日以内にTry WiMAXを利用したことがない、本人名義のクレジットカードの登録ができる、また利用規約に同意できるといったことがあります。

UQWiMAXの契約を検討している方であれば条件を満たしている方がほとんどのはずですので、大手キャリアでもあまり実施していない端末を貸し出しての電波確認サービスであるTry WiMAXは、ぜひとも利用すべきです。

せっかく申し込んでも、利用予定の自宅や通勤場所などがもともとWiMAX/WiMAX 2+のエリア外だとau 4G LTEを必ず使わねばならなくなってしまいますので、UQWiMAX公式サイトのサービスエリアマップを確認するのをおすすめします。

UQWiMAXのサービスエリアをチェック

競合他社との4社で比較

UQWiMAXと競合している会社に、So-net、とくとくBB、DTIのWiMAX 2+サービスがあります。どうせWiMAX 2+のサービスを契約するのであれば、一番メリットの高い会社で契約したいのが本音。

ひいきなしにこの4社、どの会社で申し込むのがお得なのか、表にして確認してみます。

比較するプランは公平にするため、料金やプラン内容の比較時はUQWiMAXのUQ Flatツープラスギガ放題(3年)に相当するプラン、端末はモバイルルーターのSpeed Wi-Fi NEXT W05を選択したケースを想定します。

4社比較表(税抜き表記)
UQWiMAX So-net モバイル WiMAX 2+ とくとくBB WiMAX2+ DTI WiMAX 2+
月額料金 4,380円 4,379円
(36ヶ月目まで3,380円)
3,609円 3,760円
(1ヶ月目~3ヶ月目 2,590円)
プランの種類 5種類 4種類 4種類 4種類
月々の支払い方法 クレジットカード/口座振替 クレジットカードのみ クレジットカードのみ クレジットカードのみ
加入前の相談窓口 電話 09:00~21:00 電話 09:00~21:00 電話 10:00~19:00
チャット 24時間自動対応
電話 10:00~19:00
オプションサービス

現在はSo-netがキャンペーンを行っているので36ヶ月目までの料金はSo-net モバイル WiMAX 2+が圧勝、ほか3社との比較で大差をつけました。

4社の比較はUQWiMAXのUQ Flatツープラス(3年)相当のプランで行いましたが、4社が提供しているプランも同一ではなく、UQWiMAXが5種類に対し、他社だと4年縛りを除いた4種類しか選ぶことができず、より柔軟なプラン変更をすることができないと言えます。

また月々の料金の支払いには各社クレジットカードに対応していますが、口座振替に対応しているのはUQWiMAXのみです。クレジットカードをお持ちでない方は、UQWiMAXを選んでしまうのが安全と言えそうです。

オプションサービスとは

オプションサービスには公衆無線LAN(ファーストフードやカフェなど設置の有料Wi-Fi)への接続、設定や操作サポート、ルーターの故障サポート、領収書の発行などさまざまなサービスが用意されています。

多くが有料ではありますがとても便利で、いざというときの助けになるため、UQWiMAXのWiMAX 2+を契約するのであれば、オプションサービスの加入も検討すべきです。

UQWiMAXのオプションを確認

とくに出先で通信量の節約になる公衆無線LANの接続オプションは便利なのにもかかわらず、無料で利用ができる申し込んで損はないサービスのひとつです。

UQWiMAXユーザーの口コミ

UQWiMAXユーザーは実際にUQWiMAXのWiMAX 2+を使ってみてどのような感想を抱いているのか。決していい印象を抱いている方ばかりでないのが、口コミを見れば明らかになります。

悪い印象を持った口コミ

電波が悪い

UQWiMAX 2+の電波はたとえエリア内でも物陰に弱く、口コミどおり思ったほど速度が出ない通信がすぐに止まってしまう、ということもあります。

これは電波を飛ばしているものを受信している仕様上仕方がないものであり、とくにUQWiMAXは影響を受けやすいです。

電波には周波数が割り当てられており、周波数が高いと物陰に弱くなります。WiMAX 2+の電波は周波数が高く、au 4G LTEで使う電波よりも不利です。

速度制限を受けた

ハイスピードプラスエリアモードを使うと、ギガ放題のプランを利用していても直近3日間の合計で7GB以上の通信を行うと速度制限が発生するのは、ここまでに解説したとおりです。

動画サイトで高画質の動画を多く見る、非常に大きなファイルをやり取りする、といったときにハイスピードプラスエリアモードを利用し直近3日間の合計で7GB以上の通信を行ってしまうと、ハイスピードモードに戻したとしても、WiMAX 2+のエリアでも最大128kbpsしか通信速度が出なくなってしまいます。

いい印象を持った口コミ

コスパがいい

公式サイトのキャッシュバックも活用され、コストパフォーマンスよく活用されている方もいるようです。

UQ WiMAX 10,000円キャッシュバック

キャンペーンを利用すると最大10,000円の現金キャッシュバックもあるため、UQWiMAXで対象の機種とプランで申し込むつもりなのであれば、利用しなければ損というものです。

キャッシュバックを利用してUQWiMAX申し込み

縛りはたしかにありますが自宅に固定回線を引くのと違い持ち運ぶことも容易で、引っ越すことになっても引越し先でもWiMAX 2+やau 4G LTEの電波が使えれば、これまでどおり利用を続けることができます。

また通信速度もWiMAX 2+は下り最大440Mbps、au 4G LTEに至っては下り最大958Mbps現在対応機種は最大758Mbps)もの速度が出るため、契約内容によっては固定回線よりも速い場合もあるのです。

UQWiMAXの総評

WiMAX 2+のサービスは複数社から出ていますが、クレジットカードを持っていない、クレジットカードを登録するのが不安であるという方は、UQWiMAXを選ぶのが正解と言えそうです。

au 4G LTEは7GB制限というギガ放題最大のメリットを潰すことにもなるので利用は要検討ですが、Try WiMAXで利用するシーンの中でも一部だけWiMAX 2+の電波が弱い、より速い速度で通信する必要があるなど、場合によっては制限を受け入れてでも使わざるを得ないと言えます。

そのような場合には通信量制限のないギガ放題にしないほうが安いですので、用途に合わせプランは慎重に選ぶべきです。

UQWiMAXに限らず、各社公式サイトでは最新のキャンペーンを適宜更新していますので、損をしないためにもWiMAX 2+加入検討時にはサイトをよく読み自分にあったキャンペーンを利用することが大切です。

UQWiMAX公式サイトへ

おすすめ比較記事

ぴったりがスグにわかる!WiMAX診断

WiMAX診断

いいねシェアもお願いします。

-UQ WiMAX
-, ,

Copyright© WIMAXらぼ , 2018 All Rights Reserved.